カテゴリー: ノンフィクション 1ページ/3ページ

「中南米を旅する日本人で、知らない人はほとんどいない」、『グアテマラの弟』(片桐はいり 著)

この記事の所要時間: 37

この記事の所要時間: 約 3分7秒 グアテマラの弟 (幻…

「知能格差社会、その先に見えてくる風景」、『言ってはいけない格差の真実』(橘玲 著)

この記事の所要時間: 34

この記事の所要時間: 約 3分4秒 言ってはいけない格差…

「生き物という存在へのプリミティブな賛歌」、『野宿野郎 6号+7号』(かとうちあき 野宿野郎 編集部)

この記事の所要時間: 225

この記事の所要時間: 約 2分25秒 野宿野郎 6号+7…

「AI研究の歴史と現状、そして未来をシンプルに概略化」、『人工知能は人間を超えるか』(松尾豊 著)

この記事の所要時間: 246

この記事の所要時間: 約 2分46秒 世の中に溢れている…

「ヨーロッパの普遍的なものの衰退と限界について」、『21世紀の自由論』(佐々木俊尚 著)

この記事の所要時間: 330

この記事の所要時間: 約 3分30秒 本書で前提になって…

「2つの問いが交差する場所で」、『持たない幸福論』(pha 著)

この記事の所要時間: 231

この記事の所要時間: 約 2分31秒 人間の行動を形作る…

「母国語を外国語のように書き、どこにいても異邦人のようであること」、『ニッポン発見記』(池上紀 著)

この記事の所要時間: 145

この記事の所要時間: 約 1分45秒 母国語をまるで外国…

「そのようにしか生きることのできない人々の姿が映し出すもの」、『「生き場」を探す日本人』(下川裕治 著)

この記事の所要時間: 134

この記事の所要時間: 約 1分34秒 「ここじゃないどこ…

「『マオ・レゾルビーダ』だからこそ放てる鮮烈な『エモさ』」、『傷口から人生』(小野 美由紀 著)

この記事の所要時間: 233

この記事の所要時間: 約 2分33秒 最近、少し「エモさ…

「まるで居心地の良い居酒屋でも探すかのような。」、『メモリースティック』(九龍ジョー 著)

この記事の所要時間: 237

この記事の所要時間: 約 2分37秒 「あっ、昨日は九龍…

「〈島〉の住民たちに〈海面下〉のことを伝える人びと」、『コミュニティ難民のススメ』(アサダワタル 著)

この記事の所要時間: 54

この記事の所要時間: 約 5分4秒 1.リスクヘッジとア…

「政治の領域まで浸透した『ファスト文化』に熟慮の種を撒いていく」、『啓蒙思想2.0』(ジョセフ・ヒース 著)

この記事の所要時間: 247

この記事の所要時間: 約 2分47秒 1.スピードが私た…

「その読後感の変化に驚く。『スピード』が支配する社会がたどり着く場所」、『自由からの逃走』(エーリッヒ・フロム 著)

この記事の所要時間: 325

この記事の所要時間: 約 3分25秒 1.私たちの「自由…

「いつの間にか聴こえなくなってしまった声の元へ」、『棄国子女』(片岡恭子 著)

この記事の所要時間: 21

この記事の所要時間: 約 2分1秒 「命よりも大切なもの…

「生活の場に根ざし、触感のある本を」、『失われた感覚を求めて』(三島邦弘 著)

この記事の所要時間: 133

この記事の所要時間: 約 1分33秒 1.本の中での出会…

「現在進行形で紡ぎ出される古典の香り」、『現実脱出論』(坂口恭平 著)

この記事の所要時間: 453

この記事の所要時間: 約 4分53秒 1. 坂口恭平さん…

「何故、私たちはその音楽に惹かれるのか」、『オルタナティブロックの社会学』(南田勝也 著)

この記事の所要時間: 440

この記事の所要時間: 約 4分40秒 1. 「ロックは死…