カテゴリー: 演劇

「出来事化する演劇、あるいは神の住まう場所について」、『目と手/Occhi e Mani』(大道寺梨乃/福留麻里)

この記事の所要時間: 1117

この記事の所要時間: 約 11分17秒 「目と手/わたし…

「境界線のこちら側から芸術ができること」、『透明な隣人 ~8 -エイト-によせて~』作・演出: 西尾佳織(鳥公園)/ドラマトゥルク: 岸本佳子(空[utsubo])

この記事の所要時間: 39

この記事の所要時間: 約 3分9秒 1. 『8ーエイトー…

「そこにあるのに見えないものを、見えるようにする魔法」、『ソーシャルストリップ』(作・演出:大道寺梨乃)

この記事の所要時間: 57

この記事の所要時間: 約 5分7秒 1. 記憶とモノ 「…

劇評「アジア的価値の生み出す秩序と応援歌としての物語」、『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』(SPAC-静岡県舞台芸術センター)

この記事の所要時間: 525

この記事の所要時間: 約 5分25秒 1. 今年の7月に…

劇評「演劇の遺伝子を探す旅の途中」、『機劇 〜「記述」された物から出来事をおこす〜 Aプログラム 身体・譜面』(構成・作・演出:篠田千明)

この記事の所要時間: 532

この記事の所要時間: 約 5分32秒 A.説明 2012…

「快楽と思索を繋ぎ合わせる手法を多様化するために」、『ポストドラマ時代の創造力』(監修:藤井慎太郎、編集:F/Tユニバーシティ)

この記事の所要時間: 37

この記事の所要時間: 約 3分7秒 喜びや楽しさを感じる…

劇評「異郷の痕跡を辿り、東京の物語を多孔化する旅」、『東京ヘテロトピア』(Port B)

この記事の所要時間: 523

この記事の所要時間: 約 5分23秒   po…

劇評「不条理から実存を立ち上げる日常演劇」、集団:歩行訓練のコックピット『ゲームの終わり』(原作:サミュエル・ベケット『勝負の終わり』 演出:谷竜一)

この記事の所要時間: 835

この記事の所要時間: 約 8分35秒 1.『集団:歩行訓…

劇評「旅する異邦人たちのコミュニティが作り出す濃厚なテント芝居」、『君の名は』(劇団どくんご)

この記事の所要時間: 313

この記事の所要時間: 約 3分13秒 虫の声が響いている…

「ゆとり世代最強の表現ジャンルとしての演劇」、『演劇最強論』(徳永京子、藤原ちから 著)

この記事の所要時間: 353

この記事の所要時間: 約 3分53秒 1、立体的な演劇論…

劇評「闘技的民主主義とコミュニティの合わさる点に浮かび上がるもの」、『シンポジウム』(東京デスロック)

この記事の所要時間: 339

この記事の所要時間: 約 3分39秒 劇場に入り観劇のた…

劇評「『生きた肉』に亡霊のように憑依する世界精神の立ち現れ」、『(飲めない人のための)ブラックコーヒー』(脚本・演出 神里雄大)

この記事の所要時間: 229

この記事の所要時間: 約 2分29秒  「食べる」ことは…

劇評「届かない声と向き合うためのレッスン」、『光のないⅡ』(作/エルフリーデ・イェリネク、構成・演出/高山明)

この記事の所要時間: 713

この記事の所要時間: 約 7分13秒    2…