『魔法少女まどか☆マギカ』」カテゴリーアーカイブ

「『ネオセカイ系』の物語類型が示すもの、日本のサブカルチャーにおける『実存系フェイズ』からの離脱」、『魔法少女まどか☆マギカ』

この記事の所要時間: 543

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【完全生産限定版】 [Blu-ray]

本エントリでは、アニメ「まどか☆マギカ」(以下、「まどマギ」)の物語類型を「ネオセカイ系」とし、それをきっかけに「セカイ」の問題への向き合い方の変化について述べていく。

もちろん、ここに述べらるのはアカデミズムのような精確さを持ってしてなされるものではない。そうではなく、これはある種の精神分析のようなものであり物語なのであると言う方が適切であろう。

「まどマギ」において越えるべき最大の壁として「ワルプルギスの夜」という災難がある。この「ワルプルギスの夜」と「3.11」、両者のイメージが起こすシンクロニシティについては、リアルタイムでこの作品を観た人たちにとっては説明の必要がないことであろう。普段は可視化さないけれども、「セカイ」の仕組みによって着々と準備され続けた必然としての災害。その「セカイ」にどのように対峙していくのか。

詳しい人には蛇足になるが、本エントリの前提となる物語類型の変遷について簡単に説明しておこう。まず、「セカイ系」と「日常系(空気系)」についてである。

「セカイ系」に分類される作品の代表的なものは、『ほしのこえ』や『イリヤの空、UFOの夏』、『最終兵器彼女』などが挙げられる。その特徴は、一組の恋愛(僕と君)の関係がそのまま、家族や社会などの中間項を経由することなく、ダイレクトにセカイの命運に接続されている点だ。

このような物語類型の作品群が目立ち始めた背景は色々と言われている。例えば、携帯電話の普及によって恋人に家族を介さずダイレクトに繋がれるようになったという情報環境に起因するとか、情報の爆発的増加によって人間の処理能力が追いつかなくなった故の内面への撤退であるとか。また、この物語類型が発生していく背景としては、『エヴァンゲリオン』や「阪神大震災」、「オウム事件」あたりがあると捉えられていて、実存の軋みや世の中への虚無感、無力感、そういったものとリンクして語ることもできる。バブル景気が崩壊し、今まで上手くいっていたものが上手くいかなくなる、そんな中で実存が再び別の形で彷徨い始めた季節だったとも言えるかもしれない。

そして、2000年代の半ばに入り「日常系」とカテゴライズされる物語類型に分類される作品が目立ってくる。代表的な作品を挙げると、『らき☆すた』、『けいおん!』、『日常』など。

「日常系」の特徴はひたすら日々の暮らしを描いていくこと。特に大きな物語が発生しなくても、日々の生活でよく起こるような出来事をドラマチックに描いたり、些細な物事に焦点を当て描く。特にセカイについてのことには言及はされず、例えば、学校社会や家庭などの描写によって成り立っている。言うなれば、「セカイ系」において描かれていなかった中間項、「友人関係」や「家族」を全体として描く作品群だ。

この物語類型を持つ作品の台頭は、2000年代半ばにおけるコミュニティの島宇宙化の流れで理解することもできるだろう。もちろん、インターネットの普及も影響している。特定の趣味や感性の合う人たちで集まって、その中で埋没することが出来るようなインフラや環境が揃い始めていた。そうなってくると異質な存在と出会う確率はどんどん減少していく。その傾向は異なる存在とのコミュニケーションによって発生するコストを抑えるという側面もあった。

さて、「ネオセカイ系」である。「ネオセカイ系」とは、「セカイ系」と「日常系」のハイブリッドによって成立した物語類型である。セカイの問題に直面するという点においては「セカイ系」と同じだ。しかし、その問題を解決するモチベーションとそれに伴う方法論が異なってくる。個人の実存の問題や恋人との関係、救済から「セカイ」の問題に向き合うのではなく、家族や社会、友人関係などの中間項をモチベーションの源泉として「セカイ」の問題に向き合っていくようになっていくのだ。

この「ネオセカイ系」という物語類型がリアリティを持って受け入れられるようになってきたのにも、やはり社会的な背景がある。例えば、情報環境の変化から考えると、ソーシャルメディアの登場と普及は大きな影響を与えているだろう。コミュニティが可視化され一日に何度も自分がそのコミュニティに所属していることを確認していると、それはやはり深くメンタリティに強く影響を与えることは容易に想像される。

「ネオセカイ系」という物語類型は、「セカイ系」と「日常系」からのセカイの物語への関わり方の変遷とも言えるだろう。そして、その変遷についてはもっと過去へもっと深く潜ることができる。60、70年代の政治の季節。その後、バブル崩壊などの影響下、様々な問題の中に取り残されている自分、実存、「内在-超越」のあり方。つまり、第二次大戦後からバブルの崩壊とその処理までを「実存系のフェイズ」とするならば、そこから別のフェイズへの移行を表象していると言えるのではないだろうか。

この「実存系フェイズ」を象徴している現代の論者として、やはり宮台真司氏と東浩紀氏が挙げられる。この全く考え方の違うと思われる二人は共通する読者層を持つと言われているが、その共通点はこの「実存フェイズ」なのではないだろうか。両者の主要なテーマであるように見えるのは、「実存」が「セカイ」の問題と如何に向き合っていくのかであるように見えるからだ。そして、この両者を戦後から続くセカイの問題解決の向き合い方としての「実存系フェイズ」時代の最後の論者ということが出来るのかもしれない。

では、現在突入していると思われるフェイズとはなんであろうか。そのことを説明するために、東浩紀氏の「ゲーム的リアリズム」という概念を使用してみよう。この概念はデータベースと個人との関係について述べられたものだった。ここでこの概念を更新してみたい。もはや、実存の問題が解決すればセカイが変わるというリアリティは後景化し、別のリアリティが台頭している。それを僕はここで仮に「ゲーム的ソーシャルリアリズム」と名付けてみるとしよう。それは結果的に、荻上チキ氏の「ポジ出し」の感覚とも通底するものでもある。ゲームのように僕たちが取る様々な選択肢によって、社会の物語やエンディングが変化していくというリアリティ。システム改変的想像力は、実存型(当事者)からコミュニティ型へ移行している。

「ネオセカイ系」という物語類型は、この「ゲーム的ソーシャルリアリズム」の時代の始まりを象徴している。そう結論付けてこのエントリを締めたいと思う。

(了)

【中川康雄(なかがわ・やすお)】
文化批評。表象・メディア論、及びコミュニティ観察。
インディーズメディア「未来回路」主宰。
Twitter:insiderivers
個人ブログ:https://insiderivers.com

「まどまぎ×スピリチュアルカルチャー」(評者:エリ・コヤマダ)

この記事の所要時間: 716

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語【通常版】 [Blu-ray]

 当初たいした興味もなく、友人に誘われるがまま観に行ったまどまぎ映画版が大変面白かった。まどまぎが面白いことはとりあえず置いておいて、個人的にまどまぎと今流行りのスピリチュアル系の文化がかなり被っているところがあるなあと思ったので、それについて書きたいと思う。

 スピリチュアル本の参考文献としては「LOVE YES PEACE」(エナジーボディーワークセラピスト・島本了愛著)を起用することにする。
 今回はこの本の中に書かれている「循環の法則」に焦点を当てたいと思う。

 

・「循環の法則」との合致

 「『循環の法則』とは、自分の与えた思いが返ってくる、という法則です。(中略)正確に言うと、まわって返ってくるものは行いではなく、その行いに込められた『思い』です。」とのこと。つまり因果応報ということだと思う。
 この「循環の法則」が、まどまぎのストーリーの全体に絡んでいる印象を受けた。

 一番それを感じたところは、ほむらがまどかの命を救うために、同じ時間の平行世界を行ったり来たりすることによって、結果として平行世界における因果の糸をまどかの存在へと束ね、最強の魔法少女にして最悪の魔女となる素質を与える結果になってしまった。
 が、その最悪にも最強にもなり得るギリギリのラインで、まどかが魔法少女になる契約をし「過去、現在、未来、全宇宙に存在する全ての魔女を生まれる前に自分の手で消し去ること」という願いを成就させる、というところ。

 ほむらのしたことは、まどかにとって最悪の魔女に成りうるかもしれない、というかなりリスキーな結果になってしまったが、後編の冒頭部分を見ればわかるように、まどかが入学当初初めてできた大切な友達で、どうしてもまどかの命を守りたいという強い思いからの行動だった。
 全くこれは「循環の法則」にフィットしていると思う。

 ほむらの行いは、確かにまどかを負のスパイラルに追いつめる形になってしまったが、その行いの根底には「まどかを救いたい」という思いという強い正の思いがある。
 そして、まどかが「全ての魔女を生まれる前に自分の手で消し去ること」、過去・現在・未来の魔法少女がもう苦しまないように、という願いを成就させたことは、「まどかの命救いたい」というほむらの思いとは違ったかたちだったかもしれないが、まどかにとってはなにより喜ばしいことだったと思う。(そしてまどかの一番の願いが成就されたことは、ほむらにとっても、恩返しという意味では最も良い形の返礼になったはずだ。まさにスピリチュアル系の友人から聞いたことのあるセリフ「愛と喜びの連鎖」を彷彿とさせる。)

 また、「何をしたかではなく、どんな思いを込めてそれをしたのかということが、あなたが受け取るものの質を決めます。」ともある。という通り、ほむらの「まどかを救いたい」という思いがとても強いパワーのものであった故、時系列を超えて、物理法則を改変し、因果律を組み替えなければ達成されない型破りなまどかの願いを叶えられるだけの強いパワーが与えられたのだろう。

 

・「循環の法則」との矛盾

 しかし「まどかの命を助けたい」という思いが結果的に「ほむらちゃん、および全ての魔法少女の命を助けたい」という思いとして返ってきたことは、確かに「循環の法則」に乗っ取っているが、結局ほむらちゃん、まどかがいなくなっちゃって(概念として側にいるにしろ)可哀想じゃないのか。「循環の法則」ってフィフティーじゃなくないか?最後の辺り、マミ、杏子も存命しているのに、まどかの存在は彼女の家族を含む人々の記憶から消えている。なのにまどかが概念になる直前に「最後の奇跡として互いの記憶が残そうね、私、ほむらちゃんのこと絶対忘れないからね」的な感じでリボンを渡されてしまったほむらちゃんだけが、まどかの記憶を持ったまま生き残るって、残酷なんだか感動的なんだか冷静に考えると微妙なラインである。まどかの記憶を一人背負ったほむらちゃんの背中に強い哀愁を感じざるを得ない。

 スピリチュアルの人って、熱心な人ほど「循環の法則さいこう!全てがこの法則にのっとれば全部うまくいくよ!」みたいに勝手にその世界の中で完結してしまってる印象があるのですが、逆にマドマギは矛盾点を残してくれるとこが人間ドラマで安心しました。

 

・「光だけの世界」に行ってしまったまどかと、残された「光と闇のある世界」

 ちなみにスピリチュアル界では「怒りと憎しみの連鎖」を断ち切って「愛と喜びの連鎖」に到達すると、魂は「光だけの世界」に行くらしい。「光だけの世界」っていうのは、うろ覚えの記憶だが、魂界のレベルの高いところ?で、今生は二元論的(正と負、善と悪、闇と光など)な世界だけど、光だけの世界は二元論的なものが一切関係ない光だけの世界とのことだった。ガンジーとかマザーテレサとか日本だったら宮沢賢治の魂はそっちのほうに行っているらしい。(友人談)
 正直、まどかが「概念」になった時点で、まどかもそっち側の人になり「光の世界オチか」と思ったのだけど、結果としては魔女が居なくなっただけで、魔女の代役として「魔獣」が出て来ており、魔法少女の戦いは続いていたので、まだ世界は二元論的な世界ではあり続けているらしい。そして、ほむらちゃんがとっても寂しそうに強く生きているところ観てしまった私としては、どうしても「愛と喜びだけの世界」に行っちゃったまどかが正義だとはなんとなく思えなくなってくる。

 そう思えないのは、私がまだスピリチュアル的に魂が成熟しておらず、怒りや憎しみの連鎖を断ち切れていない人間だからなのだろうか。
 全くの余談ですが、スピリチュアル系の友人にあらゆる角度から勧誘を受けた私のやるせない思い、友人としての切なさ、微妙なストレス、勧められるがままに買ったこのレビューの参考文献「LOVE YES PEACE」1500円、、、はまあ良いとして、それらはどう循環していくのでしょうか。(もちろん友人は良いと思ったものを勧めてくれた訳だから、その気持ちには感謝しております。)

 

・いま、私たちが住んでいる世界についての個人的な考察

 ところでキュゥべえの言っていることは一点の曇りもなく、終始一貫していて理路整然としているのだけど、なんだか釈然としない。人間達が混乱しだすと「僕たちの世界と君たちの世界は違うからね」というようなことを言う。

 住んでいる世界が違うと言われてしまったら、こちらも何にも言えない。
 スピリチュアル系の文化も「循環の法則」「引き寄せの法則(何かを願っていれば、願っていることが自分に引き寄せらられる)」その辺まではついていける。けど、「愛と喜びだけの世界」とか「光だけの世界」とか言われてしまうと、もうそれはこの世界のことじゃないのでついていけなくなってくる。

 しかし、良いことをすれば良いことが返ってくるなんて当たり前のことお母さんに教えてもらわなかったの?「愛と喜びだけの世界」とか、素晴らしい良いものしか存在しない「光だけの世界」なんてこの世の自然の摂理に相反しているところが個人的にすごく不自然に感じるし、それがあるって仮定することによって今の世界から逃げているだけな気がするけど。

 いくら光の世界が魅力的でも、ここは現世。現世のルールしか通用しない。
 わたしは良いこともあって悪いこともあるこの世界が好きだし、夜があって朝がやってくる1日が好きだし、春夏秋冬がある日本が好きだし、パリッとしたNYの冷たい空気も好きだし、インドのむわっとした熱気も好きだ。現世がいくら嫌でも、二元論的的現世はちゃんとやればちゃんとフィフティーだと私は思う。矛盾や不公平もあるかもしれないけど、自分次第でどうにでもなる。勝手に1人であの世に行ったり違う世界に逃げたりせず、現世にしがみついてさえいれば。
 ほむらちゃんが幸せになりますように。

【エリ・コヤマダ】
青山学院大学文学部心理学科卒。セツ・モードセミナー研究科卒。現在は某通信社にて地道にお仕事させてもらっています。
カウンセラーを目指したり、恋愛活動に明け暮れたり、インドに行ったり、NYに行ったり、絵を描いたり、画家やイラストレーターに憧れたり、バンドをやったり、音楽業界に入ってみたり、いろんなことに手出しすぎたけど、今は平和に暮らせそうです。
絵を描くこと、お酒を飲みにいくこと、好きな音楽を聴きにいくこと、夜遊び、本を読むこと、洋服を買うこと、お笑いや映画を見ることが目下の日々の楽しみ。素敵になりたい。