カテゴリー: 評論Page 3 of 7

「地方分権を巡る議論の大まかな概略を確認するために」、『道州制で日本はこう変わる』(田村秀 著)

この記事の所要時間: 338

この記事の所要時間: 約 3分38秒 都心部にいるとまだ…

「まだ俺の町の図書館は本気だしてないだけ」、『つながる図書館:コミュニティの核をめざす試み』(猪谷千香 著)

この記事の所要時間: 257

この記事の所要時間: 約 2分57秒 「図書館が本気出し…

「コミュニティの政治思想史と今後の日本的展開」、『レッドアローとスターハウス』(原武史 著)

この記事の所要時間: 457

この記事の所要時間: 約 4分57秒 本書は日本の戦後思…

「食べ物でポップなテイストの政治思想を語る」、『フード左翼とフード右翼』(速水健朗 著)

この記事の所要時間: 440

この記事の所要時間: 約 4分40秒 本書は「食」に関す…

「『当事者』という言葉の持つ広がりをみつめる」、『シチュエーションズ 「以後」をめぐって』(佐々木敦 著)

この記事の所要時間: 333

この記事の所要時間: 約 3分33秒 2011年3月以降…

「情念と理性が共存する希代の天才、その遺産から私たちが学び取れるものは何か」、『小室直樹の世界―社会科学の復興をめざして』(橋爪大三郎 編著)

この記事の所要時間: 151

この記事の所要時間: 約 1分51秒 「人が徹底的に合理…

「環境管理型社会における想像力と民主主義の探求」、『福島第一原発観光地化計画 思想地図β vol.4-2』(東浩紀 編)

この記事の所要時間: 342

この記事の所要時間: 約 3分42秒 本書の根底には、「…

「ドゥルーズ哲学の襞を押し開き、解釈を補完する回路としての『切断』の思考」、『動きすぎてはいけない』(千葉雅也 著)

この記事の所要時間: 233

この記事の所要時間: 約 2分33秒 「生成変化を乱した…

「巨大迷路のごときラーメンとプラットホーム化するラーメン屋」、『人生で大切なことはラーメン二郎に学んだ』(村上純 著)

この記事の所要時間: 211

この記事の所要時間: 約 2分11秒 二郎系のラーメン屋…

「私たちの食文化を深いところで豊かにする」、『大衆めし 激動の戦後史』(遠藤哲夫 著)

この記事の所要時間: 141

この記事の所要時間: 約 1分41秒 街を見渡すと、本当…

「ふたつの『知』のあり方を有機的に繋いでいく」、『パラレルな知性」(鷲田清一 著)

この記事の所要時間: 137

この記事の所要時間: 約 1分37秒 個々人の専門性への…

「近代政治哲学の欠陥に対する哲学者としての応答責任。」、『来るべき民主主義 小平市都道328号線と近代政治哲学の諸問題』(國分功一郎 著)

この記事の所要時間: 224

この記事の所要時間: 約 2分24秒 著者である國分さん…

「日本における批評の原点にあるもの」、『小林秀雄の哲学』(高橋昌一郎 著)

この記事の所要時間: 248

この記事の所要時間: 約 2分48秒 現代日本における「…

「ゆとり世代最強の表現ジャンルとしての演劇」、『演劇最強論』(徳永京子、藤原ちから 著)

この記事の所要時間: 353

この記事の所要時間: 約 3分53秒 1、立体的な演劇論…

「バラバラな現実に『共同性』を立ち上げる」、『ウェブ社会のゆくえ ― <多孔化>した現実のなかで 』(鈴木謙介 著)

この記事の所要時間: 244

この記事の所要時間: 約 2分44秒 基本的にどこにいて…

「異なる倫理的態度の対峙する景色」、『〈ネ申〉(ねもうす)の民主主義』(仲正昌樹 著)

この記事の所要時間: 417

この記事の所要時間: 約 4分17秒 本書は政治思想史や…

「現代文明における精神の在処、その彷徨の行方を辿る」、『現代オカルトの根源 −− 霊性進化論の光と闇』(大田俊寛 著)

この記事の所要時間: 240

この記事の所要時間: 約 2分40秒 本書で主題となって…