この記事の所要時間: 227

Hannah Arendt [DVD] [Import]

「人間であることを拒否したアイヒマンは、人間の大切な質を放棄しました、それは思考する能力です。その結果、モラルまで判断不能となりました。思考ができなくなると、平凡な人間が残酷行為に走るのです。過去に例がないほど大規模な悪事をね。」(訳:吉川美奈子)。

私たちはある残虐な行為の存在を知った時、それは特殊なケースなのだと思いたがる。ナチス・ドイツによる組織的なユダヤ人虐殺の責任者であるアイヒマンがエルサレムで裁判にかけられた時、多くの人々はそこに特殊な「悪」のかたちがあることを望んだ。もちろん、そこで行われたことは史上最悪とも言えるもので、そう考えるのは当然かもしれない。けれども、その裁判でアーレントの目に映ったその人物は、驚くべきことに実に凡庸な人間だったのである。「悪の凡庸」。その事実をアーレントはそう呼んだ。

ここでアーレントは、その残虐行為が特殊な人間によって起こされたことではなく、全くの凡庸な人物が起こしていることを重要視している。そして、それが全ての人々にとって他人事では済まされないことであると言うのだ。確かに、ある特殊な現象が特殊な人々が起こしたことにすると、一時的にはすっきりすることはできる。それはつまり、自分を「悪」を切り離し抹消するということだからだ。けれども、「悪」を個別のものに固定し、そこに責任を全面的に負わせ、その部分を切り捨てることで解決したことにすることでは、また同じ構造の過ちを繰り返しかねない。だからこそ、できるだけその原因を根源的に考えなくてはならないのだ。

しかしそのように考えることは時として、実際に迫害されトラウマを受けた人々にとっては暴力として感じられる。アーレントはその迫害の当事者でもあるが、その言説とナチスを肯定した哲学の師であるハイデガーとの愛人関係などと重ねられ、裏切り者扱いされることになる。

だが、アーレントはそのような現象が再び起こらないために、その苦しみの当事者であるにも関わらず残忍な行為が成立する仕組みの根源と向き合おうとした。その時代の空気に抗い、知性的であることの信念を持って。本作品は改めてアーレントの著作を読みたくなる映画だ。

そのような個人のあり方がどのようにして可能になるのか。ここから先は私たち自身が考えていかなくてはならない。結局、「あの時は仕方がなかったんだ」、という無責任がまかり通る社会的状況を考えなくてはいけないのかもしれない。ただ問題は、現在、私たちの社会では、頭の良い人ほど責任を如何に回避するかということに長けている、ということなのである。

(了)


【中川康雄(なかがわ・やすお)】
表象・メディア論、及びコミュニティ観察。
インディーズメディア「未来回路」主宰。
Twitter:insiderivers
個人ブログ:https://insiderivers.com

Popular Posts: