Page 3 of 13

「ネットというメディアのウィークポイントに当てるパッチとしての旅」、『弱いつながり 検索ワードを探す旅』(東浩紀 著)

この記事の所要時間: 422

この記事の所要時間: 約 4分22秒 「環境が人間をつく…

劇評「演劇の遺伝子を探す旅の途中」、『機劇 〜「記述」された物から出来事をおこす〜 Aプログラム 身体・譜面』(構成・作・演出:篠田千明)

この記事の所要時間: 532

この記事の所要時間: 約 5分32秒 A.説明 2012…

「集合的なトラウマからの回復と失われた10年の関係」、『Youth Movements, Trauma and Alternative Space in Contemporary Japan 』(Carl Cassegård)

この記事の所要時間: 513

この記事の所要時間: 約 5分13秒 ミニコミ誌「未来回…

「何もしない時間の贅沢を考える」、『「4分33秒」論』(佐々木敦 著)

この記事の所要時間: 258

この記事の所要時間: 約 2分58秒 ある作品について語…

「日常と事件をシームレスにつなぐ想像力のありか。」、映画『罪の手ざわり』(ジャ・ジャンクー 監督)

この記事の所要時間: 436

この記事の所要時間: 約 4分36秒 1. 急激な変貌を…

「何故、私たちはその音楽に惹かれるのか」、『オルタナティブロックの社会学』(南田勝也 著)

この記事の所要時間: 441

この記事の所要時間: 約 4分41秒 1. 「ロックは死…

「インターネットとデジタル工作機の融合が可能にする世界」、『SFを実現する』(田中浩也 著)

この記事の所要時間: 420

この記事の所要時間: 約 4分20秒 1. 「SF」のイ…

「いつか子どもだったはずのすべての大人たちへ」、『宮崎駿論』(杉田俊介 著)

この記事の所要時間: 623

この記事の所要時間: 約 6分23秒 1. 現在、アニメ…

「別の価値を持つ場所を繋ぎ合わせて、豊かな生活をつくる。」、『フルサトをつくる』(伊藤洋志 × pha 著)

この記事の所要時間: 347

この記事の所要時間: 約 3分47秒 当たり前のことであ…

「現在の情報環境の中で成熟する地に足の着いた若者文化。」、『一〇年代文化論』(さやわか 著)

この記事の所要時間: 511

この記事の所要時間: 約 5分11秒 本書では、「残念」…

「複雑なものが複雑なまま、抜き身のまま露呈するジャンルとしてのインディーズ。」、『遊びつかれた朝に』(磯部涼,九龍ジョー 著)

この記事の所要時間: 251

この記事の所要時間: 約 2分51秒 音楽もそうだし文学…

「様々な境界線を突破し、幸せとは何かを問う眼差し」、『世界「比較貧困学」入門』(石井光太 著)

この記事の所要時間: 440

この記事の所要時間: 約 4分40秒 1. 日本は世界第…

「スペクタクルから一歩踏み込むドキュメンタリー」、映画『アクト・オブ・キリング』(監督:ジョシュア・オッペンハイマー)

この記事の所要時間: 729

この記事の所要時間: 約 7分29秒 1. ドキュメンタ…

「自由と不自由の入れ子細工と後戻りできない飛躍」、映画『アデル、ブルーは熱い色』(脚本・監督:アブデラティフ・ケシシュ)

この記事の所要時間: 38

この記事の所要時間: 約 3分8秒 古今東西において、人…

「タモリを語ることの豊かさ、その入り口として」、『タモリ論』(樋口毅宏 著)

この記事の所要時間: 240

この記事の所要時間: 約 2分40秒 タモリの凄さについ…

「自己啓発と現代哲学、その二つの間をつなぐもの」、『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀史健 著)

この記事の所要時間: 554

この記事の所要時間: 約 5分54秒 1. アドラーと自…

「新しい合意形成のルールに則り、日本が世界をリードするために。」、『日本がアメリカに勝つ方法』(倉本圭造 著)

この記事の所要時間: 54

この記事の所要時間: 約 5分4秒 まずこの引用から始め…